2021年06月06日

HDR撮影

晴れた日の山の中の踏査
日向と日陰のコントラストが強くて
思ったように写真を撮ることができませんよね。

いつもはPhotoshopの「シャドー/ハイライト補正」で調整しています。

最近のカメラにはHDR撮影という機能がついているものがあります。
これは、シャッターボタンを1回押すと
3段階の露光時間の異なる写真を撮影し
カメラの中でいい塩梅に合成するというものです。

そこで、昨年度末にカメラを新調しました。

2021060601.jpg

左が、右が

で、その効果はどうでしょうか。

以下に2つの事例を示します。

HDR撮影では画像が少々ぼやけたような感じになります。
事例1では効果が小さいようですが
HDR撮影では日向部分の細かなところが表現できています。
(通常撮影では白く飛んでいます)
事例2ではHDR撮影のほうが岩肌の質感がよく出ています。

結果的にHDR撮影+シャドー/ハイライト補正がいいように思います。
いちいち補正するのが面倒なのでカメラを新調したのですが
その意味では買い替えの費用対効果は小さかったようです。

■事例1
2021060602.jpg

通常撮影

2021060603.jpg

Photoshopにより補正

2021060604.jpg

HDR撮影

2021060605.jpg

HDR撮影したものをPhotoshopにより補正

■事例2
2021060606.jpg

通常撮影

2021060607.jpg

Photoshopにより補正

2021060608.jpg

HDR撮影

2021060609.jpg

HDR撮影したものをPhotoshopにより補正
【紹介の最新記事】
posted by kgt at 22:20| Comment(0) | 紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]